NEWS

ザテレビジョン "尾崎裕哉インタビュー「僕にとって音楽はノスタルジー」"

category:

image_161017_3.jpg

――今回、コラボした服部さんも偉大なお父さま(服部克久)がいらっしゃって、ご自身と共通する部分もあるかと思います。服部さんと番組でお話して、何か感じたことはありますか?

親と比べられたり、二世だからとか、いろいろありますけど、父親がミュージシャンだったから自分もなろうとしたわけではないんですよね。服部さんも僕も「音楽が好き」っていう純粋な気持ちがあったから今に至るんだと思いました。


READ ALL ARTICLE @ http://news.walkerplus.com/article/89916/


RO69"尾崎豊を「受け継ぐ」――天性の声を持つ尾崎裕哉の新曲を聴いた"

category:

image_161009.jpeg

それにつけても、彼のボーカル、天性の声の魅力である。やはり尾崎豊の声によく似ている。
「似ている」というよりも、「受け継いだ」と言っていいだろう。
それを本人が自覚し、そこから逃げることなく向き合ったからこそ、この歌は強い。
何ひとつ飾ることのない言葉で、彼だけが伝えられる思いがあることを彼は悟ったのだ。


READ ALL ARTICLE @ http://ro69.jp/news/detail/149636


ナタリー "尾崎裕哉、クラシックコンサートで父・尾崎豊への思い吐露"

category:

image_160905_3.jpg

終盤、尾崎は「僕は今年で27歳なんですけど......」と話し始める。「僕の父親は26歳で亡くなったんです。父親の年齢を超えた、27歳の決意を曲に書きました」と語った彼は、自身が背負った宿命や運命と共に生きていく決意を表現した「27」を披露する。最後の曲は「始まりの街」。尾崎はこの日の24:00から、この曲を配信リリースすることを発表して観客から大きな拍手を浴びる。そして「ようやく音源を世の中に出せて、とてもうれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

歌い終えた尾崎がサポートメンバーと共にステージを去ったあともアンコールの手拍子は止まず、尾崎は再びステージへ。「なんの準備もしてなかったんですよ(笑)」と苦笑いしつつ、「じゃあワンコーラスだけ。みんなが一緒に歌える曲なら『僕が僕であるために』ですかね」と語り、アカペラで熱唱。最後はオーディエンスと大合唱し、会場の一体感を高めてライブを締めくくった。

「billboard classics 尾崎裕哉 premium concert -『始まりの歌』-」 2016年9月4日 よみうり大手町ホール セットリスト

01. Smile
02. Moonlight
03. 夏の終わりのハーモニー
04. I LOVE YOU
05. 瑠璃色の地球
06. Road
07. With You
08. つかめるまで
09. Teenage Blue
10. サヨナラCOLOR
11. 離れていても
12. 流れる風のように
13. 27
14. 始まりの街


READ ALL ARTICLE @ http://natalie.mu/music/news/200723

BARKS "尾崎豊の長男・尾崎裕哉、「始まりの街」を配信リリース"

category:

image_160905_4.jpg

同曲は、尾崎裕哉が母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね。」と言われたことに対して「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝えるために書き下ろした楽曲で、<僕は幸せさ これまでも これからも>という歌詞には過去から現在そして未来までも見つめ、前を向いていく尾崎裕哉自身の真っ直ぐな姿勢が投影されているという。
尾崎裕哉名義としては初の作品となり、また、7月16日放送のTBS系『音楽の日』に生出演した際には、尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」と共にパフォーマンスし、同番組の瞬間最高視聴率を記録したとのことだ。
なお、今回はiTunes Store、Apple Music、レコチョクでの先行配信となり、その他の配信サイトでは9月9日より配信がスタートする。


READ ALL ARTICLE @ https://www.barks.jp/news/?id=1000130468


オリコン "尾崎豊さん長男、尾崎裕哉がメジャーデビュー 初音源を配信リリース"

category:

image_160904_3.jpg
故・尾崎豊さん(享年26)の長男でシンガー・ソングライターの尾崎裕哉(27)が、トイズファクトリーからメジャーデビューすることが4日、わかった。東京・よみうり大手町ホールで行われたコンサート『尾崎裕哉 Premium Concert-「始まりの歌」-』で自ら発表した。「尾崎裕哉」名義としては初の作品「始まりの街」を配信リリースする。

 1st配信シングル「始まりの街」は、自身初のテレビ歌唱で話題となった7月16日放送のTBS系特番『音楽の日』で2曲目に歌った楽曲。20歳の誕生日、母親から「お父さんがいなくて寂しい思いをさせてしまってごめんね」と言われた答えとして、「いや、そんなことはない。僕は幸せさ」と伝えるため、自ら作詞作曲した楽曲を、2歳のときに亡くした父と生き写しの歌声で熱唱し、大きな反響を呼んだ。

 コンサート終盤「な、な、ななななんと! きょう24時から配信スタートします」と茶目っ気たっぷりに発表した裕哉は「ようやく音源を世の中に出せて、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを露わにした。同曲は5日午前0時よりiTunes Storeほかで先行配信、9日から主要サイトでも配信開始となる。


READ ALL ARTICLE @ http://www.oricon.co.jp/news/2077814/full/

PAGE TOP