NEWS

BARKS "尾崎豊の長男・尾崎裕哉、「始まりの街」を配信リリース"

category:

image_160905_4.jpg

同曲は、尾崎裕哉が母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね。」と言われたことに対して「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝えるために書き下ろした楽曲で、<僕は幸せさ これまでも これからも>という歌詞には過去から現在そして未来までも見つめ、前を向いていく尾崎裕哉自身の真っ直ぐな姿勢が投影されているという。
尾崎裕哉名義としては初の作品となり、また、7月16日放送のTBS系『音楽の日』に生出演した際には、尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」と共にパフォーマンスし、同番組の瞬間最高視聴率を記録したとのことだ。
なお、今回はiTunes Store、Apple Music、レコチョクでの先行配信となり、その他の配信サイトでは9月9日より配信がスタートする。


READ ALL ARTICLE @ https://www.barks.jp/news/?id=1000130468


オリコン "尾崎豊さん長男、尾崎裕哉がメジャーデビュー 初音源を配信リリース"

category:

image_160904_3.jpg
故・尾崎豊さん(享年26)の長男でシンガー・ソングライターの尾崎裕哉(27)が、トイズファクトリーからメジャーデビューすることが4日、わかった。東京・よみうり大手町ホールで行われたコンサート『尾崎裕哉 Premium Concert-「始まりの歌」-』で自ら発表した。「尾崎裕哉」名義としては初の作品「始まりの街」を配信リリースする。

 1st配信シングル「始まりの街」は、自身初のテレビ歌唱で話題となった7月16日放送のTBS系特番『音楽の日』で2曲目に歌った楽曲。20歳の誕生日、母親から「お父さんがいなくて寂しい思いをさせてしまってごめんね」と言われた答えとして、「いや、そんなことはない。僕は幸せさ」と伝えるため、自ら作詞作曲した楽曲を、2歳のときに亡くした父と生き写しの歌声で熱唱し、大きな反響を呼んだ。

 コンサート終盤「な、な、ななななんと! きょう24時から配信スタートします」と茶目っ気たっぷりに発表した裕哉は「ようやく音源を世の中に出せて、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを露わにした。同曲は5日午前0時よりiTunes Storeほかで先行配信、9日から主要サイトでも配信開始となる。


READ ALL ARTICLE @ http://www.oricon.co.jp/news/2077814/full/

デイリースポーツ "尾崎裕哉が父の名曲をTV初歌唱、うり2つの歌声で「父の分も力強く生きたい」"

category:

この日は20歳の時、母親から「お父さんがいなくてごめんね」と言われた時に作ったというデビュー作「始まりの街」もスタンドマイクで歌いあげた。
"僕は幸せさ あなたは幸せを求めてよ"という歌詞で、母への思いが込められた歌に会場は静まり返り、聴き入っていた。


READ ALL ARTICLE @ http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/16/0009291638.shtml

デイリースポーツ "尾崎裕哉の歌声に反響「DNAすごい」「泣けてくる」...TV初歌唱で父の名曲を"

category:

image_160716_1.jpg
ネット上では「尾崎豊の声に似てるけど凄く優しい感じ。聴いてて鳥肌立ちました!」「尾崎豊が26歳でこの世を去って同じ歳になった息子。感動しかない」「尾崎裕哉は尾崎豊のDNAを完璧に受け継いでる。ふと気付くと後ろに尾崎豊がいるような感じがする。本当に泣きそうになる。」などとツイートが殺到する反響に。

 裕哉のオリジナル曲にしてデビュー作である「始まりの街」の方が、より父親の歌声に似ているという声も多く、「ご自身の歌のほうが尾崎豊だった!尾崎豊の新曲なんじゃないかと思うほど...。歌い方がまんま憑依していた!親子って恐ろしい!」「尾崎豊のI LOVE YOUも好きだけど 尾崎裕哉のも好きだった。涙目で聞いてた」などの書き込みもあった。


READ ALL ARTICLE @ http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/16/0009291786.shtml


オリコン "尾崎豊さん長男・裕哉がテレビ初歌唱 「父親の分も力強く生きたい」"

category:

image_160716_2.jpg

司会の中居正広から「父親と比較されることに葛藤はありますか?」ときかれると、「比較されるプレッシャーはあるけど、それよりも何のために音楽をやるのかという自分に対する葛藤の方が大きい」と語った裕哉。声が父親に似ていると言われることには、笑顔で「うれしいです!」ときっぱり。今月24日には27歳の誕生日を迎え、父が亡くなった年齢を超える裕哉は「父親の分も力強く生きたい」と凛とした表情で決意を述べた。


READ ALL ARTICLE @ http://www.oricon.co.jp/news/2075217/full/


PAGE TOP